感動接客への挑戦
  1. TOP
  2.  > 感動接客への挑戦
  3.  > <2018/06/01> お子様ゲストからのハグ

<2018/06/01> お子様ゲストからのハグ

前回酒井通PL担当のファミリー3名様(お父様、お母様、4歳の女の子のお子様)をサンリオピューロランド~渋谷~原宿をご案内いたしました。

ゲスト宿泊のホテルにお迎えにあがり、メッセージにてご連絡。少し遅れます!とご連絡くださり、定刻過ぎにご乗車。サンリオピューロランドへの道中で車窓できるようなところは特にないため、多摩エリアの説明や、日本の社会情勢などについてお話ししました。

その後、それぞれのプライベートなお話しにもなり、私と奥様の生い立ちが非常に似ていると盛り上がりました。奥様の渡米の理由、旦那様との出会いやプロポーズ、お子様についてなど様々なお話をしてくださいました。

4歳のお子様は、完全なバイリンガル。人を見て言葉を選ぶそう。旦那様が日本語で話かけても英語で返し、奥様が英語で話しかけても日本語で返すクレバーガールでした。

サンリオ・カワイイモンスターカフェではピックアップについて説明しお送りしようとしたものの、「え、来ないんですか?!嫌じゃなければ是非来てほしいです!!」とのお言葉。そこは親子水入らずで、、と言うも、おふたりともお誘いくださり参加させていただきました。

ショーではラッキーなことにお子様のお気に入りのケロッピー登場で大興奮。一緒に写真も撮れて大満足されたようでした。

anna_2018_06_01_01

しかし、、ショーは一度で飽きたのか、アトラクション並んでいる途中、私が並んでいるのでショー見ますか?とご提案するも「見ない」とお子様。ピューロランドを後に、都内観光にもどりました。

anna_2018_06_01_02

渋谷に到着。ハチ公について、初めて自分で説明。やはり泣きそうになりましたがなんとか説明できました。みなさまも良いストーリーだと感動していらっしゃいました。

カワイイモンスターカフェでのリアクションは正直まちまち。落ち着いたところの方が良かったかと反省いたしました。また、近くにある明治神宮・原宿の文化や周辺施設について説明。「東京は常に新しいものを生み出している。だから飽きることなく、人が増えていくんだね~」とゲスト、さらに行きたいところが増えたようでした。

最初は人見知りで目も合わせてくれなかったお子様ですが、帰るころにはルームミラーで後ろから何度も「バァ!!」とやってくれる程の仲に。最初は大人しい子、といった印象でしたが、途中からかなり活発な子になっていました。

その様子を見てご両親も「〷-chan likes Anna-san!!」「〷-chan has a good time!!」のお言葉。
お子様もかなり早く起きたようで、ピューロランドに着いたころは何度もあくびをしていたものの、帰るころには元気に。「まだ帰りたくない」の言葉は非常に嬉しかったです。

駅までの道中、GOS仁後が用意したお箸、わたしがこっそり買っていたマイメロの「ゆみc」ストラップお渡し。(うさぎとカエルのキャラクター好き)みなさま大変お喜びくださり、私も嬉しかったです。ピューロランドでのランチ時、旦那様もばっちりお箸を使っていたので安心しました。

お箸は「仁後・前回のドライバーMichi・私からです!」と言ってお渡ししたので、みなさんありがとうございます!!と仰っていました。旦那様は驚かれ、感心しているといった印象。

無事に到着すると、みなさまからたくさんのお礼のお言葉。朝は挨拶しても返事をしなかったお子様が「まったねー!ばいばーい!!」とハイテンション。満面の笑みでぎゅーっとハグしてくれたことは一生忘れません。

こちらもたくさんお礼申し上げ、お別れ致しました。

私の行ったサービス
・水
・おしぼり
・お菓子
・プレゼント

加藤杏奈プランナーを指名して 見積・予約をする
_こちらから

*指名予約は三日前までにお願いします。
*先約があるなどの理由でお受けできない場合もあります。

^TOP