感動接客への挑戦
  1. TOP
  2.  > 感動接客への挑戦
  3.  > <2018/05/29>車内を季節の花で彩りました。

<2018/05/29>車内を季節の花で彩りました。

ロンドンからお越しのご夫婦を滞在先のホテルから、空港へお送りでのこと。こちらのご夫婦は2週間ほど日本に滞在なさったそうです。(東京→京都→金沢→白川郷→松本→東京)また、今回の旅行のメインの目的は生まれた頃から面倒を見てきたご友人の結婚式ということでした。

ロビーにゲストらしき姿が見えたため声をかけると、ご本人たちでした。
とても暖かいご夫婦でご挨拶してすぐからお話しして下さりました。「カーサービスのこと忘れてたわ。今、荷物を待っているの」とのことで一緒にお話ししながら待たせていただきました。

miki_05_23_2018_01

お話しで聞いていた通りとってもよくお話しして下さるお二人でノンストップで空港までたくさんお話しさせていただきました。
日本の伝統的な結婚式に参加され興奮したご様子でその経験をお話しして下さりました。まず、お婿さんはアメリカ人だそうですが、日本で現在お仕事をされているという事を聞かせて頂いた次にお嫁さんのお話しに。お嫁さんは映画監督だそうでいくつかドキュメンタリー映画を既に作られているそうです。

お婿さんを赤ちゃんの時から見ていたということで「悲しいような嬉しいような不思議な気持ちで結婚式に行かれたんじゃないですか?」というと「そのとおりだよ。今じゃ日本に住んでるし、日本語も話すんだ」と。結婚式には100人以上の方がいらっしゃり外国人の親戚の方々もいらっしゃるためインターナショナル空間もあったそうです。特に式中のスピーチではアメリカ人のお婿さんが日本語でスピーチをし、奥様が英語で翻訳をされていたというなんとも面白い状況だったそうです。

日本式の結婚式は私もまだまだ知識がなく、どのような式で、どの様なことをしたかについて違いなどを含めたくんさ教えてくださりました。

また、結婚式のお話しだけでなく今回の日本の滞在についてお話しをお伺い致しました。
それに加えブリティッシュヒルズのお話しをすると「知らなかったわ!」と仰られ、ロンドンにもKyoto Gardenという日本の庭園があることを教えてくださりました。また、福岡の震災でイギリスが寄付金を渡したことにより、日本の政府からはそのお礼にKyoto Gardenの隣にもう一つ庭園が増設されたそうで、その名前が「fukushima Garden」とのことでした。

また、日本の四季のお話しに加えもうすぐで梅雨に入ることをお話し。丁度装飾品として飾ってある紫陽花が雨季の時期に咲いている花であることをご説明。昔はカタツムリのせいで紫陽花が好きではなく、今は遠くから見ると綺麗な花であることをお話しすると「だから、これも造花なのね?」と笑っていらっしゃりました。

miki_05_23_2018_02

最後まで様々なお話しをさせて頂き、楽しませていただきました。空港に到着し、お荷物をカートに載せこむまで車内で待機して頂きました。
最後は握手で「Lovely to talk to you!!!」と仰ってくださり、私も会えてよかったです。とポストカードと名刺をお渡しすると「実はね、いとこがとても日本に来たがっているんだ。君の連絡先を教えていいか?」と仰って下さりました。
最後まで手を振りお別れ致しました。

私の行ったサービス
・エビアン
・スナック
・おしぼり
・wifi
・ポストカード

三木優季実プランナーを指名して 見積・予約をする
_こちらから

*指名予約は三日前までにお願いします。
*先約があるなどの理由でお受けできない場合もあります。

^TOP