移動革命 -LIMOVATION-

  • Twitter
  • Note
  • Instagram
  • Youtube
  • Facebook

提携のお問合せ

ENGLISH

24時間年中無休TEL:03-6880-1290

2019.12.05 [その他]

大嘗祭へいってきました!

大嘗祭へ行きました

先日、藤原プランナーの発案で、公休日の予定が合う松本プランナーとGOS藤﨑と大嘗宮一般参観に行ってきました!
※大嘗宮一般参観は、本年11月14日(木)及び15日(金)、天皇陛下がご即位の後,初めて新穀を皇祖・天神地祇に供えられ、自らも召し上がり、国家・国民のためにその安寧と五穀豊穣などを感謝し祈念された大嘗宮の儀が行われた大嘗宮を一般に公開するものです。(宮内庁HPより抜粋)

あいにくの空模様でしたが、11月21日(木)から12月8日(日)の18日間しか公開されていないこともあり、多くの人でにぎわっていました。

私たちは東京駅から向かったので、行幸通りの綺麗な銀杏の紅葉を見ながら皇居を目指しました。青空だったら黄色が映えてもっときれいだったはず!

銀杏並木がキレイでした

皇居までまだ少し距離がある行幸通りから、既に人だかりが出来ていて、私たちもその列に沿うようにして入場口のある坂下門へ。二重橋の方まで遠回りをしないといけないので、入場するまでかなり時間がかかりました。

入場口で荷物検査をして、いざ参入。
人の多さの割にはスムーズに入ることができました。

宮内庁庁舎前を通り、乾通りの途中にある西桔橋から皇居東御苑へ。目的地に着くまでに急な坂道を登らないといけないので、体力がない人にとってはかなり厳しい道でしたが、大嘗宮を見学されている方たちはみなさんとても元気でした!残念ながら、止まって写真撮影をすることが出来なかったのでいい写真はとれませんでしたが、建物は厳かでとても綺麗に作ってあり、取り壊してしまうのがもったいなく感じられました。ただ、今回の資材は初めて再利用されるようですね。伝統的な儀式とはいえ、時代に合わせた配慮がされていることに驚きました。

大嘗祭の建物

アウテックも時代に合わせたサービスができるよう、日々勉強して参りたいとおもいます!

お見積り